私たちの会社について Aobut US

部門紹介

第一工芸は、営業部、製作部、推進部、総務部と4つの部門で運営しています。
各部の業務について、担当者がご紹介致します。

営業部門

  • 営業部 大越

     商業施設や文化施設、大手企業様のサイン・ディスプレイの環境サインを担当しています。営業先の多くは内外装の設計を主とする企業様ですが、実務ではエンドユーザー様と直接対応することも多く、ニーズをお聞きすることから製品イメージの提案などが任されます。これまでも製品の製作から施工を受注するだけでなく、製品の企画や提案から施工、保守まで一元管理のご提案をさせて頂き、多くのお客様から安心・信頼して頂いている実績があります。これをさらに発展させ、今まで以上にお客様の満足度を高めることが出来るよう、努めていきたいと思っています。
     第一工芸には、何でも吸収でき、自分の個性を生かせる土壌があります。一朝一夕では築けない、様々な長年の実績というバックボーンがしっかりあって、それぞれが力を発揮しやすい会社です。

  • 営業部 岸田

     駅の構内や屋外に設置する広告媒体を主に扱っており、大阪エリアを中心にこれらの媒体を扱う広告代理店様への営業をしています。手掛けた製品を広く世に出すことができ、多くの方々にご覧いただくことと自分でもそれを見ることができるというのも、この仕事のおもしろさと感じています。
     責任を持って“製作から施工までの全て”を完結できることが、当社の大きな強みです。お客様からのご要望を伺い、こちらからも新しいご提案を行うことで、社内の製作においても内容やスケジュールがスムーズに進行できクオリティーの高い製品ができるように心がけています。製作や営業の「現場力」を活かし、これからもさらに満足度の高い内容をご提供したいと考えています。

  • 営業部 山内

     店舗や施設内テナント・展示会のサイン・ディスプレイを担当しています。お客様のご要望をもとに、より良いご提案をさせていただき、実際に施工の際にお客様から「思っていた以上にきれいですね」との感謝の声を頂くことがうれしい瞬間であり、やりがいにつながっています。
     大型イベントの出店ブースのサインを初めて任されたことは忘れられません。施工までの期間が非常に短く、また多くのご依頼をお客様より頂いており、私だけでは厳しい状況でしたが、社内の全員が一致団結して協力してくださり、きちんと納めることができました。キャリアの長い先輩も多く、これまでの実績に基づくアイデアや経験の蓄積がある会社です。これからは、例えば映画で観る3D映像のような、画期的で誰もが驚くサインを提案したいというのが将来の夢です。

製作部門

  • 製作部 須藤

     入社して30余年。製作と施工に携わってきました。入社当時は、ガラスにセロハン加工を施して看板制作をしていました。すべて手作業でした。機械化が進み、効率も向上し製作方法も変化してきましたが、手作業の部分が全て無くなることはありません。以前から技術を継承していこうとの想いから、若いスタッフに伝えていることはたくさんあります。私自身も「広告美術仕上げ一級技能士資格」も取得し技術向上にも努めてきました。年に一度開かれる「技能グランプリ」にも出場し、2年連続で上位入賞できました。この仕事は、同じものを延々と作り続けているわけではなく、一つ一つが全く違う面白さがあり、それが長く続けてこられた理由です。製作現場の強みを挙げるとすれば、技術力に加え対応力、現場の人間力だと思います。「なんとかしてくれる」と頼られることの多さがその表れです。

  • 製作部 井川

     お客様のご要望にお応えするため、担当窓口より情報を収集し、製品の行程管理や検品、そして製作用の出力機器を扱うオペレーションが主な業務になります。業務全般的に、繊細でシビアな仕事ですので不安に感じる事もありますが、困難な仕様の物件などがスムーズに進行できたときはその感慨もひとしおです。
    オペレーション業務では、レイアウト・デザインなどにも携わらせて頂くこともあります。学生時代から私自身が学んできたスキル経験等も活かせる場面も多く、やりがいを感じることが多いですお客様の「こうしたい!」という気持ちとデザイナーの “ イメージ ” をカタチにする仕事もあり、それらを実現する為に提案を行なう役割があると考えています。
    知識・経験が豊富な先輩社員からのアドバイスも適確であり、私自身しっかりと実力を伸ばし提案力・実現力を高め、お客様に信頼される製品つくりをしていきたいです。

推進部門

  • 営業部推進課 西山

     営業部推進課として主な役割は見積書の作成や、発注書をおこし図面などの作成、製作部に仕様の説明や協力業者様に発注依頼をお願いする業務です。営業担当者の補佐ではなく、共に会社の売り上げや利益を意識し社内でのチームワークを円滑に進めるのが私たちの誇りです。多種多様な製品を製作する大型案件や、複雑な仕様などを相手に理解してもらう上でコミュニケーションの大切さを改めて実感しています。毎回違う内容の仕様や製品がほとんどなので、変化に富んだ製品の出来上がりまでを考えるのが楽しかったりします。
    新人でもなじみやすく、気軽に話ができる居心地の良さがあると思います。
    解らない事や聞きにくい事があっても周囲の先輩や上司が気にかけて下さるので安心して業務を行っていけます。

  • 営業部推進課 青木

     営業部推進課は、営業部と製作部をつなげる役割を担っています。営業部側では、専用のソフトを使用しデザインから見積作成までを行い、各営業と打ち合わせを重ね、お客様により良いパフォーマンスが出来るように日々心がけています。製作部へは、製作の依頼のみならず、仕様の相談をしながら打ち合わせし、実際どのように施工するかなど、製品を見ながら施工後を想定しより良い製品づくりを考えています。先輩社員や、協力業者の方々とも関わる機会が多い部門なので、自然とコミュニケーション力も上達します。
    私自身が携わった製品を実際、街中で見かけると誇らしく感じられ、とても嬉しい気持ちになります。
    先輩社員の方々も優しく、丁寧に教えて戴けるので成長しやすい環境です。
    今後も先輩社員と積極的に意見交換し、より良い製品を提供していきたい!と思っています。

総務部門

  • 総務部経理課 堀田

     総務業務は人事労務・福利厚生など、経理業務では、財務から予算管理・税務などに携わっています。各部門が円滑に業務を行えるように支えるのが私たちの役割だと考えています。
     社員は穏和な人が多く、社内も和やかな雰囲気です。会議でも発言を多く求められ、またそれを受け入れてもらえる風通しの良さを感じます。社内行事が盛んで、夏の納涼会では、社歴20年以上の社員によるグループ「さくら会」のメンバーが中心となって開催されました。“経験”という財産を持つメンバーが次の世代への規範となるように、というのがこの会の目的。その姿勢が“技術を継承していく社風”を築いているのだと感じます。

  • 総務部経理課 渡辺

     受付と総務・経理業務を行っています。受付業務では商品とともに様々な情報も集まりますので、正確な情報を的確に伝えることを心がけ、各部門の人が気持ち良く働けるように調整する役割だと思っています。
     私は前職で第一工芸の取引先に勤めており、その頃から、きちんとした信頼のおける会社という印象を持っていました。入社してからもそれは変わりません。さらに入社して分かったのは「新しいことにチャレンジしていこう」という機運があることです。私も、漢字検定に挑戦しており、自宅でも空いた時間に勉強するなど意識が変わりました。仕事を含め、新しいことにチャレンジする意欲を持って日々取り組んでいます。